お問い合せ

 

twitter

フェイスブック平成出版

フェイスブック須田

CP出版方式(企画協力出版)とは?

cp.png

ネットで調べると、かなり安く「自費出版」を請け負う業者がいます。
 
かなり安く、60~80万円で発行できます。また、オンデマンド印刷ならば、数十万円以下でも「本」をつくることができます。
 
しかし出来映えには、悲しいものがあります。
 
ある大学の先生から「僕も、本を出してね」と言われました。
いただいてみると、いかにもオンデマンド印刷の安手のものです。
レイアウトデザインも、よくある文集のような、流れ作業です。
 
先生の業績を知っているだけに、読む気がしない本のつくりに、悲しい気持ちになりました。
「これなら、出さない方が、先生の価値が保たれたのではないですか」と言いたくなりました。
また、ある人から、「病気で苦労した息子が、今度、本を書きました」と、一冊の本を渡されました。

一見、立派な本のように見えましたが、本の作りが粗雑です。
組版(文字の並び)もダメで、全体に手抜きをしているように見えました。
読んでいると、ノリが薄く造本が壊れました。
「文章は、とても素晴らしいですね」と言うのが精一杯でした。

 
これほどはっきりした例でなくても、「自費出版」の本は、全体にクオリティが低いのです。
それは当然で、安く生産することしか目的にないので、能率とコストダウンが至上命令です。

 
•もし自費出版を考えている人がいたら、自費出版の業者さんの本を並べてみてください。
その横に勢いのある出版社の本を並べてください。
はっきり、自費出版の本を仕分けることができます。
自費出版の本には「パワー」がないのです。

 
•せっかくのご著書を、そのような作りの本にしてはいけません。
 

名のある出版社は法外な費用を請求

•既存の出版社から「自分の本」を出そうとした場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか。
 
•もしもあなたが、「ちょっと知った名前の出版社」から本を出そう、とします。
 
•すると、以下のような出版社のプライスにびっくりされることでしょう。
 
•A新聞出版…………… 300~500万円(印刷だけなら安い)
•N社……………… 700~800万円
•S社 ……………… 900万円程度
•G社……………… 400~1000万円以上
•中堅どころの出版社…… 200~350万円
 
•こうした高額料金は、適性なのでしょうか?
 
•良心的な中堅出版社の、250万円程度までのプライスなら、
わずかに納得できますが、それでも高額なほうです。
 
•しかも、高額の負担をしても、「契約時に、売上を全部回収」というのが自費出版である限り、
出版社の本であっても、制作が全体におざなりになってしまいがちです。

企画出版でも 「発行ノルマ」でダメな本に

 
よく出版を説明した本に、出版には「企画出版」「商業出版」と「自費出版」があります。と書かれています。
そうか、2つに分かれるのか、とほとんどの人が思うことでしょう。
しかし、それは現状に照らすと、とても間違った解釈です。
たしかに80年代くらいまでは、出版社独自の「企画出版」「商業出版」であれば、
編集者が原稿を磨きあげて、「良い本」にしてくれました。
 
しかし、今では新刊だけで、年間約7万点(7万種類×部数です)になります。
これでは、編集者は磨きあげる余裕がありません。
編集者は「おまえの年間発行点数は、×冊だぞ」といつも脅かされています。
 
そこで編集者は、読者を見るのではなく、編集会議で通りそうな本であれば、どんどんあげてしまいます。
売れそうなジャンルの本であれば、企画書を書いてすぐ出そうとします。
そうすれば自分の「発行ノルマ」が果たされるからです。
 
一部ですが、まだ優秀な編集者はいます。そういう人たちは、読者をみて市場をみて、
本当に売れそうな本にするため、原稿を磨き上げます。
しかし、とても悲しいことに、こういう編集者は『希少価値』なのです。
 
すると、ノルマを果たしたい編集者の「先生、この原稿をぜひ出版したいです」という口車にのせられて
ほいほい承諾してしまう「初めての著者」がたくさん出来上がります。
 
とても残念なことに、こうしてノルマに乗せられて発行した本の著者には、
生涯二度と、ちゃんとした出版社からのお呼びはかかりません。
 
 「あの先生の本は、検索して取り寄せてみたら、読みにくいじゃん。
何いってるかわからない、あんな原稿じゃしょうがないな」
こういう評価になってしまいます。
 
つまり、出版には「良い本」を作ろうという動きの他に、「著者負担で売上をとろうというノルマ」と
「編集者の発行ノルマ」という、ダメな本をつくるノルマの動き、3つに分かれます、
というのが正しい現状認識です。
 

CP出版方式は、「第Ⅰ弾ロケット」の一部を負担する商業出版

では、弊社独自の「CP出版方式」はどこが違うのでしょうか。
もしも、弊社が筆者の全額負担で「自費出版」をしたとしたら、他の中堅どころの出版社と同じく、
良心的にやっても、300万円以上はいただきたいところです。
 
出版は「印刷」とは違って、一度発行したら、最低でも3年以上は、
その本の面倒を見てあげる必要があります。
どんなに売れなくても、すぐに「やめた」という訳にはいかないのです。
そのコストや、販促コストなどを計算に入れると、
ちゃんと出版した場合、あまり安くはできません。
 
そこで、弊社は商業出版として、「売れる本」を作ります。「自費出版」ではないので、
著者に売上の一部を戻したり(自費出版の本はほとんど売れませんが)することはありません。
 
普通の商業出版と同じように、増刷分からは印税発生します。
しかし初刷分を発行するときに「初刷協力金」をいただく場合があります。
いわば、第1弾ロケットの燃料代をいただくような感じです。
商業出版と言っておいて、多くの出版社では「著者買い取り」を求めます。
「自費出版」と入口が違っていても、中は同じ。
いわば「田舎の温泉場」のように入口と脱衣所が男湯と女湯で分かれていても、
中の湯船は一つで混浴のような状態です。

 
弊社の「CP出版方式」では、著者に何百冊も、場合によっては500冊も800冊も、タダで差し上げます。
つまり、著者買い取り、はありません。
 
いわば「初刷協力金」とは、最初から明確にオープンにしている、著者買い取り分のようなものです。
契約書に記した以外の費用はかからないので、著者は安心です。
このCP出版方式は、他の出版社では真似することができません。いかなるジャンルの本であろうと、
どこが「売れるポイント」なのかを探りあてる、平成出版代表須田のメソッドによるもの、だからです。

 

01.gif

07.gif



 
Copyright ©2013 Heisei Publishing Inc. All right reserved.