お問い合せ

 

twitter

フェイスブック平成出版

フェイスブック須田

出版までのプロセス

process.png
ここでは、CP出版方式(企画協力出版方式)による、出版までのプロセスをご説明しましょう。

pro01.jpg
(1) 市場調査と分析
平成出版では、日常業務として、市場調査をおこなっています。
  ↓

(2) 分野別の「売れ筋」を把握
それぞれの分野(たとえばビジネス実用書)ごとにどのような本がうれているのかをチェックしています。
  ↓
(3) 原稿を拝見します
途中まで、でも結構ですので、原稿をお見せください。
  ↓
(4) 出版のご意思を確認します
本の構成や方向性などを話しますので、出版の意思を固めてください。
  ↓
(5) 概算のお見積書
判型、部数、などの仕様や内容を盛り込んで見積書をお見せします。
  ↓
(6) 出版協会の書式の「出版契約書」
双方が合意したら、日本書籍出版協会の出版契約書をつくります。
  ↓
(7) 初刷協力金の半分を、着手時にお支払
契約書を締結したら、契約書のとおり初刷協力金の半分をお振込ください。
  ↓
(8) ISBNコードの取得
流通がスムーズにいくために、所定のISBNコードを取得します。
  ↓
(9) 取次会社の書店向け雑誌へ出広
書店向けに配られている取次会社の雑誌に登録します。
  ↓
(10) 原稿を細かくチェック
原稿を細かくチェックして、修整などの方向を決めます。
  ↓
(11) 編集作業に着手
図版を入れたり、小見出しなどのタイトルを検討します。
  ↓
(12) 原稿修正、レイアウト
修正した原稿を見ていただき、レイアウトも検討します。
  ↓
(13) 著者校正、校閲
著者が赤入れしたい部分について反映させるようにします。
  ↓
(14) DTPソフトで印刷版下(ゲラ)を作成
ここまではWORDなどのワープロソフトでも結構ですが、ここから先は専門のDTPソフトで、
誌面をつくっていきます。
  ↓
(15) 残金分をお支払
ゲラが出るタイミングで、残金分をお支払ください。
  ↓
(16) 版下(ゲラ)の最終チェック
ゲラが出たら、赤字を書き入れてください。何度かやりとりが必要となる場合もあります。
  ↓
(17) 下版
修正がすべて終わって印刷会社へ渡すことを、下版と言います。
  ↓
(18) 冊数配分を確認
流通に流す部数と、著者必要部数を確認します。
  ↓
(19) 配本(書店・取次ルート)
各取次会社の搬入口へ、本がとどけられます。
  ↓
(20) 発売
取次会社への搬入後、早くて3日、全国的には1週間程度で、書店へ搬入されます。
  ↓
(21) 国立国会図書館、ネット書店へも登録
発売後、国立国会図書館、主要ネット書店にも、登録されます。

■必要な制作期間
本(書籍)の制作の場合、早くすませばいい、というものではありません。
できれば、書店へ販促する時間などを、きちんと取ったほうが良いのです。
そこが、単なる印刷物と大きく違うところです。
平成出版の場合、急いで作れば1か月で制作・販売することも可能ですが、
きちんと制作して、書店への販促活動を行うためには、3か月以上の期間を設定したいところです。

■オプション
以下のようなオプションも可能です。ただし、最初からパッケージのキャンペーンとして、
特別に含まれている場合があります。

著書発行の出版記念パーティーを開催
著者が自著を語る動画を撮影、アップ
著者のセミナー・講演会を開催
著書の電子書籍の発行
Copyright ©2013 Heisei Publishing Inc. All right reserved.